悩みを解決

日本人男性の中には仮性包茎の悩みを抱えている人が、想像以上にたくさんいます。あまり名誉なことではありませんので、自分が仮性包茎であることを積極的に周囲の人に言いふらすような人はほとんどいません。そのため、こんな悩みを抱えているのは自分1人だけなのではないかと思い込んでしまっている人が多いのですが、実は日本人男性の6割が仮性包茎だと言われています。つまり、3人に2人は仮性包茎であるわけですから、必要以上に卑下してしまうことはありません。とはいえ、他人の目が気になって温泉や銭湯などへ行くことができないという人が少なくありません。でも、簡単な手術で仮性包茎を治すことができますので、悩んでいる人は思い切って手術を受けてみることをおすすめします。ただし、仮性包茎の手術は保険の適用を受けることができませんので、事前に複数のクリニックの料金を比較して、なるべく料金が安いクリニックで手術を受けるようにするとよいでしょう。

先程も述べた通り、仮性包茎の手術は健康保険の適用を受けることができません。そのままの状態にしておくと生活に支障が出てくる真性包茎やカントン包茎を治療する場合であれば保険の適用を受けることができるのですが、仮性包茎の場合は機能的には何の問題もないと考えられるので保険の適用を受けられなくなっています。そのため、どこのクリニックで手術を受けるのか、またどのような術式を採用するのかなどによって、かかる費用が大きく変わってくることになります。ごく大雑把な相場費用をあげるとすれば、10〜20万円前後だと言うことができます。ただし、クリニックの中には5万円前後の料金で手術を行っているようなところもあります。クリニックによる差が大きいので、事前に十分な情報収集を行うようにすることが大切になります。